モバイル通信費節約に役立つ情報満載!

端末選びのヒント

2014.3.3

SIMフリー機はちょっと無理という方は白ロムがおすすめ!

 

最近では、iphoneやnaxusのSIMフリー機も正規販売店で購入できるようになりましたが、まだまだ高価なものになっています。ドコモMVNOの格安SIMの場合、ドコモの白ロムでそのまま使えますので、LTE回線とLTE対応端末を探すのがベストだと思います。その場合、基本的にテザリング不可となっています。

 

白ロムならヤフオクなどで10000円〜15000円程度で出ているものも多いのですが、対面販売ではないので不安要素があり、失敗しないために注意が必要だと思います。また、赤ロムと呼ばれるキャリアのネットワーク制限がされていて使えない物も出回っていますので、IMEIという端末識別番号で各キャリアのWEBサイトから確認しておくことが必須だと思います。

 

また、安い端末となるとやはり3G回線になってしまうこともあると思います。

 

あまり古い中古品の場合、スペックのレベルが低くてip電話が使えないとか、電池がもたないなどの不具合があると思いますのでよく調べてから購入したほうが良いと思います。

 

最近出てきた格安SIMフリー機で、freebit(回線端末セット)やfreetel・コヴィア FleaPhoneなども、ハイスペックで3G回線対応という内容になっていますので、検討してみるのもいいかも知れませんね。

 

SIMフリー機販売店
白ロム販売店

スポンサードリンク